リアル系のCGグラフィックは実写と見分けがつかないほどに進化したが、手書きアニメ調のCGは全然だと思っていたけど、どうやらその時代はもう終わろうとしているらしい。 

アニメではロボットや機械系はCGを使われることが多く、ものによってはだいぶ自然に見られる。
でも、人物は違和感ありまくりで非常に残念な感じで、制作費削減以外の意味はなさそうだった。
CGで話題の楽園追放もCMなどを見る限りでは、まだまだ違和感が強い。

それがナルティメットストーム4とGGXSのPVではかなり手描きアニメに近付いていて、違和感もかなり弱い。
このレベルでアニメを作れれば、手描きアニメと変わらない感覚で楽しめそうだし、ゲームではアニメキャラを3DCGでリアル系CGと同じように動かせるようになるかも?

アニメとゲームがまた楽しみになった!